美人死刑囚の犯罪:美女を復讐の夜叉に変えた闇社会のボス(閲覧注意)

女性の死体

これは1990年代の初頭に河南省新安県で発生した事件である。

当時新安県にはすでにアルミニウム鉱山があった。

新安県アルミ鉱山

その鉱山長の娘が山中で惨殺されたのである。

遺体の服は破られ、両足を強引に広げられた姿勢であった。しかもガソリンをかけて焼かれていたのである。

この事件の3日後のことである。

曹琳琳という女性が地元の看護師に「鉱山長の娘を強姦に見せかけて殺した」という話を自慢げに語ったという。

話を聞いた看護師は自分の母親にその話を伝えた。

驚いた母親が警察に通報したため、警察は直ちに曹琳琳の身柄を拘束した。

尋問の結果、この事件の首謀者は任雪という女性だった。

任雪は曹琳琳の友人である。

ふたりとも鉱山長の娘と面識があったようだ。

事件当日、曹琳琳が鉱山長の娘を山中に誘い出し、待ち構えていた任雪とふたりで鈍器で殴ったという。

その後、被害者の服を破るなどして強姦殺人に見せかけようとした。

その途中で死んだと思っていた被害者が意識を取り戻して大声をあげたので、被害者が動かなくなるまで石で頭部を殴り、完全に殺害したのである。

その後、用意しておいたガソリンをかけて遺体を焼却したという。

この事件の首謀者である任雪こそが中国では非常に名高い美人死刑囚なのである。

事件の背景

任雪はなぜ鉱山長の娘を殺害したのか。

その動機が異様なのだ。

任雪は鉱山長による性的な犯罪の被害を受けていた。しかし鉱山長は土皇帝(その土地の皇帝)と呼ばれるほどの闇勢力のボスであった。

任雪個人はもちろん、任雪の家族も鉱山長を恐れていた。任雪は鉱山長を恐れて公安に通報することができなかったようである。

鉱山長は硬軟取り混ぜた方式で任雪を支配していた。自分の言うとおりにしていれば条件のよい仕事を与えるという約束もしていた。ただしその約束は守られていない。

このような状況であったから任雪は鉱山長に恨みを抱いていた。

しかしこれ以上に我慢の限界を超える出来事があったのだ。

性接待の強要

鉱山長は脱税などの犯罪を行っていた。この事実を何者かが政府に通報した。

通報を受けた政府は、鉱山に調査員を派遣した。

その調査員が鉱山の食堂で食事をしているときに、任雪の姿に目を止めたそうだ。

これは偶然ではない。任雪は人目を引くほどの美人だったのだ。

調査員は鉱山長に任雪による性接待を要求した。

もし接待が成功すれば鉱山長の違法行為には目をつむる、成功しなければ徹底的に調査するというあからさまな要求だった。

そこで鉱山長は任雪を呼んで次の条件を提示した。

今回で最後だ
任雪に条件のよい仕事を与える
任雪の家族にも条件のよい仕事を与える

しかしこれらは性接待を承諾させるためのその場限りの作り話だったようだ。

結局、調査員の接待を行った任雪は騙されたことに気がつき、復讐の鬼に変貌したのである。

鉱山長の娘惨殺の動機は鉱山長への復讐だった。

任雪の犯行は事件後すぐに発覚し、裁判の結果死刑判決が言い渡された。

そして任雪は銃殺されたのである。

ネット上の情報によれば、鉱山長も調査員も処罰されなかったそうだ。

被害者である任雪が銃殺され、犯罪事実を証言する証人がいないからだという。

犯行に至るまでの境遇については同情する声が強い。

しかし殺害するなら鉱山長を殺害するべきだったとの意見が少なくない。また友人を巻き込んだ点も厳しく非難されるべきだろう。

この事件はかなり以前の事件であるが「土皇帝」は現在の中国にも存在する。

恐らく任雪のような境遇の女性は今でも少なくないだろう。

Posted by Liu XiangHai

シェアボタン

SPONSORED LINK