中国の女性同性愛概観

酒吧

中国には女同が集まるバーがある。そうしたバーは「女同性恋酒吧」略して「女同酒吧」と呼ばれる。

女同酒吧はその世界の女性だけが知っている「秘密の隠れ家」であることもあれば、誰もがその実態を知っている有名な店であることもある。

有名な女同酒吧はウェブサイトで検索すれば直ちに所在地がわかるようになっている。

インターネット上には「中国知名女同酒吧大全」つまり「中国で著名な女同酒吧大全」などと銘打ったウェブサイトまで存在するのだ。

女同酒吧の様子は中国のブログや報道に写真つきで記されているので、実際に行かなくても大体の様子はわかる。友人に誘われて初めて女同酒吧に行った女性のブログから一部を紹介しよう。

聞くところによると、この女同酒吧は女性だけが入店でき、男性はお断りだそうです。この店のことは事情通に教えてもらわなければわからないはず。外から見ただけでは普通のバーと変わらないから。中は全然違うけど。

この店はすごく繁盛していて1週間前に予約しなければ席がとれないみたい。

店で一番多く聞かれる質問は「あなたT? それともP?」です。Tは「Tomboy(おてんば娘)」の略で男性役(タチ)の女同。

Pは女性役(ネコ)の女同。どちらでもよいならH。Tの中にも女性的な人はいて、そういう人は娘Tと呼ばれます。娘Tはあまり人気がないみたい。

TかPかは服装を見ればだいたいわかります。特にTはすぐにわかります。

ショートヘアで胸は平らで体つきも服装も男性的だから。ピアスを左にしていればT、右にしていればPという決まりもあります。

ここでも「男左女右」なのです。わたしは触られるより触るほうが好きだからTということにしました。

門票(エントランスフィー)はひとり30元。テーブル席の最低消費額は1300元。中はそれほど広くはなく、だいたい60平方メートルくらい。まだ早かったので満席になっていませんでした。

お客さんの中に男の人がいたので驚きましたが実は女の人でした。Tの人たちは男性用のベストを着ていて、近くから見ても男にしかみえません。このときはじめて「飛行場」の意味がわかりました。

カクテルを飲み、ダイスゲームをしているうちに満席になり、立っているお客さんも増えてきて息苦しいくらいになりました。

ダンスが始まったので私も加わりました。ひと目見ただけで、みんなダンスのレッスンを受けたことがない素人だとわかりました。

私も適当に踊っていただけですが、いちばん上手だったようです。何日か前にネットでディスコダンスのVを見て要領がわかっていたので、他の人たちよりもずっと上手でした。

テーブルを見ると、みんなつまらなそうにしているので、彼女たちのために話し相手を見つけることにしました。

わたしはダンスで目だっていたので、すぐに五人の辣妹(ギャル)と仲良くなり、テーブルに連れてゆきました。でもパートナーがいる人に声をかけたときはパートナーに遮られて交流できませんでした。

またダンスを始めると声をかけてくる人もいましたが、ダンスホールはうるさくて何を言っているのかわかりませんでした。

タバコを差し出してくる人もたくさんいましたが、わたしはタバコを吸いません。名前を聞いてくる人もたくさんいました。
店の中ではバナナ、リンゴ、パイナップル、レイシみたいに、みんな果物の名前を名乗っていました。

女同のグループを主宰しているという人からは電話番号を聞かれました。

彼女は「わたしたちはみんなつらい経験があるの。おなじ経験をもつ人たちがここで本当の愛を探しているのよ」という話をしていましたが、わたしは心の中で「わたしはつらい経験なんてしたことない」と思っていました。

女同酒吧はわたしが思っていたのとは全然違うところでした。

行く前はセクハラされるかも、と心配していましたが、そんなことはありませんでした。映画では女同酒吧には淫乱な人たちがいたのですが、実際はキスしている人たちがいるくらいで、本当に大したことはなかったです。

店を出ると一緒にダンスをした人が「中ではよく見えなかったかど、あなたって綺麗な人ね」といいました。

私は心の中で「あんなに暗いと何もよく見えない。バーで仲良くなったとしても、後で街で出会ったらわからないだろう」と思っていました。

文中に出てくる表現の中に意味不明の箇所があると思われるので、まずその部分を解説しよう。

「男左女右」は陰陽理論に基づく習慣である。

例えば中国医学は今でも陰陽理論に基づいているため、例えば鍼治療を行うときには男の場合は左のツボから打ち、女の場合は右のツボから打つ。

この思想は医学の世界だけではなく日常生活にも浸透している。

例えば寺に参拝するとき男は左足から門を跨ぎ、女は右足から門を跨ぐのである。

この思想習慣が女性同性愛者のピアスの位置を決めるときにも踏襲されているのだ。

次に「飛行場」であるが、これは日本語でいういわゆる「貧乳」を意味するスラングである。

飛行場のように平らな胸という意味である。タチの女性は体も服装も男性的であることが多く、乳房の隆起がほとんどない人も多いのだ。

このブロガー自身は女同ではない。しかし女同への好奇心から女同酒吧を訪れたのである。

このブロガーも書いているとおり、女同酒吧では淫乱なことは行われていないようだ。同じ嗜好の女性が集まる出会いの場としての機能を果たしているに過ぎないようである。

Posted by YangShiCui

シェアボタン

SPONSORED LINK