中国の女性同性愛概観

拉拉用品

女性同士の性交には専用の用具が用いられることがある。かつての中国で双頭淫具が用いられたことはすでに述べたが、現在の中国ではどうだろうか?

インターネットで「拉拉用品」を検索すると、無数の女同用の淫具販売サイトがヒットする。

そのようなサイトを見ると、現在中国の女同が用いる淫具には、次のようなさまざまな種類があることがわかる。

穿戴型陽具

穿戴はウェアラブルという意味である。

つまり装着型陽具というカテゴリーがあるのだ。これは男性器を模した淫具を女性の下腹部に固定できるようにベルトと一体化させたものである。

T(タチ)がP(ネコ)に対して用いることは言うまでもない。

男性器を模した部分が中空になっているものを空心、空洞がないものを実心という。淫具を振動させる部品を内蔵したものもある。

「同時挿入前穴後庭」という製品を見ると、ベルトに二本の淫具が固定されている。「後庭」は肛門を意味する雅語のようなものであるから、この製品の使い方は推して知るべしである。

手持型

手持型を敢えて訳すまでもないだろう。このカテゴリーには男性器を模した大小ざまざまな製品があり、透明な素材のものやスウェーデンのデザイナーがデザインしたと称するものもある。

双人型

双人型と呼ばれる淫具は古代の双頭淫具に相当する。

ただし現在の淫具は進化を遂げており「ドイツからの輸入品」と称する製品などは一見すると用途が全くわからない。なぜなら男性器の形をしていないからだ。

おそらく人間工学的な研究により快感を得るための最適な形状を作り出したのであろう。

Posted by YangShiCui

シェアボタン

SPONSORED LINK