金運を奪い取る五鬼運財の真実

五鬼運財術

道教の奥義の中に五鬼運財術と呼ばれるものがある。

五鬼運財術は誰かの財産を別の人物のもとに移動させる秘術であると言われている。

ただし実際に財物を盗み取るわけではない。他人の財運を自分のもとに引き寄せる秘術なのだ。

誰かの運気が低下し、別の誰かの運気が上昇する。このような現象は天の摂理として毎日のように起きているのだが、それを人為的にコントロールするのが五鬼運財術なのだ。

しかし道教の奥義を極めた者だけがなしうる術であるから、その具体的な内容は謎に満ちている。

例えば五鬼運財術の「五鬼」は財運を運んで来る霊的な存在を意味するのだが、その五鬼が何を意味するかについてすら諸説あるのだ。

有力なのは冥界の将軍である曹十、張四、李九、汪仁、朱光であるという説と、五霊公と総称される張元伯、劉元達、趙公明、鐘士貴、史文業であるという説だ。

ともかく五鬼と呼ばれる霊的な存在が財運を運んで来るのだが、五鬼が共同して財運を運んで来るのではなく、財運を移動させる方向に応じて働く鬼が違うという説が一般的だ。

五鬼運財術はもともとは貧しい人を救うために開発された道術であるらしい。

しかし現在では豊かな者がさらに豊かになるために道術の達人に五鬼運財術の実施を依頼することが一般化している。

道術の達人と聞くと俗世間とは無縁のイメージがあるが、依頼を受けて五鬼運財術を実施する道士もいるのだ。そのような道士は非常に高額の対価を受け取ると言われている。

術の多様性

五鬼運財術はひとつの道術ではない。大きく分けると風水を利用する方法と法術を利用する方法に分かれるという。

風水を利用する方法は日本でもよく知られている家相変更に似ている。

自宅の構造やレイアウトを変更することによって、他人に流れていた財運を自分に引き寄せることができる。

しかし道教の秘術(法術)だけで財運を引き寄せることも可能だ。こちらのほうが効果が現れやすいと言われている。

ただしそれは道術に熟達した道士が五鬼運財術を実施した場合に限られる。特別な儀式と法力が必要なのだ。

では一般人には五鬼運財術を実施することはできないのだろうか?

実は不可能ではない。

しかし一般人が行う五鬼運財術は本格的な道術とは異なる簡易的なものであり、その効果も本格的な五鬼運財術とは異なるようだ。その一例を紹介しよう。

福建省の田舎町

これは鄧小平の改革開放政策が始まる直前の福建省の農村での話だ。

結婚2年目のLは年越しのために市場に買い出しに出た。当時の農村では卵はそれなりの貴重品であった。Lは奮発して籠いっぱいの卵を買い、自転車で自宅に向かっていた。

Lが建物の角を曲がったとき、ちょうど向こうから歩いてきた老人とぶつかりそうになった。

老人はよろけて転倒し、手に持っていた籠を地面に打ち付けてしまった。

Lは老人を助け起こして籠を拾い上げたが、中に入っていた卵は全て割れていた。老人も年越しのために卵を買い込んでいたのだ。

Lは老人にぶつかったわけではない。転んだのは老人の不注意だと言い張ることもできた。

しかしLは自分が買った卵を老人に差し出したのだ。

Lの姿はよほどみすぼらしかったのだろう。老人は卵を受け取ろうとしなかった。しかしLが「それでは申し訳ない」と言い続けるので、ついに老人は卵を受け取ったのだ。

そのとき老人は礼として財運を高める秘術をLに伝授したという。短時間で伝えることができたのだから、それほど複雑な術ではなかったはずだ。

帰宅したLが妻に事情を話すと妻は離婚を切り出した。キツい性格の妻は以前からLのお人よしの性格に不満を抱いていたのだ。子供ができないのもLの側に原因があると決めつけていたという。

無からの再出発

Lは中国では珍しい入り婿であった。

離婚したLは実家に戻るしかなかった。その直後に母親が亡くなった。父親は5年前に死去していた。

全てを失ったLは半信半疑で老人から教わった財運を高める秘術を試してみたという。

詳細は不明であるが、酒や赤い紐を購入したというから、何らかの儀式を行ったのだろう。

ひと月もしないうちにLの農地が政府に接収されることになり、思いがけない保証金が転がり込んできた。

Lはその保証金を使って小さな旅館を始めた。旅館と言っても古い集合住宅を修繕しただけの粗末なものだ。小さな客室にはベッドだけを備え付けた。

ちょうどそのころ農作物の自由な販売が解禁され、福建省の農村には漢方薬のバイヤーが頻繁に訪れるようになっていた。

彼らがLの旅館を利用したため、常に満室という状態が続いた。勢いに乗ったLは次々に店舗を増やし、3年もたたないうちに当時「万元戸」と呼ばれた富豪の仲間入りを果たしたのだ。

次の投資先を探していた時のことだ。Lは広東の幼体業者からスッポン養殖の誘いを受けた。

養殖業は初期投資がかかる上に、最初の収益を得るまでに時間がかかる。ただし利益は莫大だ。一度軌道に乗れば規模を拡張するのも容易である。

しかし失敗すれば今までの蓄積を全て吐き出した上に借金が残る。

Lは迷っていた。迷いの中でLは自分の成功を振り返った。そして老人から教わった秘術が人生の転換点になったと確信したのだ。

もう一度同じ術を使えば、養殖業でも成功するに違いない。

Lは再び秘術を行い、スッポン養殖に乗り出した。結果は大成功であった。3年後には旅館業が馬鹿らしくなるほど莫大な利益が転がり込んできたのだ。

疑問

二度目の成功をしてからLの脳裏には常にひとつの疑問が浮かんでいた。

自分の成功は財運を呼ぶ秘術の結果である。なぜならLは他人と違う能力も無ければ、特別な努力もしていないからだ。全ては運なのだ。その自覚はあった。

自分自身は秘術のおかげで地元では名を知られた富豪になっている。

あの老人が自分自身で秘術を使っていれば、Lよりも先に有名な富豪になっていたはずだ。しかしそうなっていないところを見ると、あの老人は自分自身では秘術を使っていないのだ。

なぜだろうか?

Lはその答えを偶然知ることになる。

当時の富豪の象徴である自家用車を購入したLは、自分の故郷の村にドライブに出かけた。村人たちに自分の自家用車を見せつけたい思いがあったのかもしれない。

村に入ったLは、あの老人と出会った地点で、再び同じ老人を目撃した。老人は数年前とほとんど変わらない姿をしていた。

Lは車から降りて老人を呼び止めた。老人はLが誰かわからないようだった。それもそのはずである。Lの姿は様変わりしていたからだ。

Lが卵の一件を説明すると、老人はすぐに思い出したようだった。

なぜ自分では術を使わないのか?

Lは気になっていた質問をぶつけた。

すると老人は、あの術は自分の将来の運気を先取りする術だからだと答えたのだ。人間の運の総量は一生を通じて変わらない。先に運を使えば将来の運が悪くなるのだ。

Lが術を2回使ったと言うと、老人は「済まなかった」と頭を下げた。術の意味を十分に説明しなかった自分が悪いというのだ。

Lの運の総量は通常人に比べれば非常に豊かであった。しかしすでに運を使いすぎていたのだ。

数日後、Lは交通事故で死亡したのだ。

Posted by 編集長 妙佛大爺

シェアボタン

SPONSORED LINK