湘南の「起き上がり」村

湘南

中国では湖南省南部を湘南という。

清朝の初期に湘南の西の山中にあった人口700人ほどの村で200人がゾンビ化する事件が起きていたという。

ゾンビの体は腐敗してカビが生え異臭を放っていた。しかも人肉を喰らったと言うのだ。

素行不良者

この村はもともとは何の変哲もない村に過ぎなかった。村人の一部は畑でサツマイモなどを栽培していたが、大多数は狩で生計を立てていたという。

その村に成三という素行が悪い若者がいた。

成三は村の掟に背いて既婚女性に手を出すなどしたため、死刑にしても飽き足らないほどの極悪人とみなされるようになった。当時の中国では既婚女性に手を出すことはそれほどの大罪であったのだ。

命の危険を察知した成三は山中に身を隠した。昼間に村に下りることはできないが、夜になると密かに村に現れて食料を盗み取る生活を始めたようだ。

しかしすぐに村人たちが警戒するようになったため、食料を盗むことが難しくなり、野生のタケノコやイモを掘ることで食料を補うようになったという。

腐乱死体

ある日のことである。成三が山中の藪の中でイモを掘っていると、思いがけないものを掘り当てたという。それは腐乱した死体であった。

猛烈な臭気が鼻を突いた。成三はいったんはその場を離れたが、死体が指輪でも身に着けていれば儲けものだと思い至り、再び藪の中に入って死体を掘り起こした。

乱暴に扱ったせいもあり、死体の手足の骨は半分以上露出していた。腹部の肉は腐り液状になっていた。異臭に耐えながら死体を調べてみたが、カネになりそうなものは全く見つからなかった。

死体の頭部には黄色い紙が貼られていた。何か文字が書いてあったが成三には読むことができなかった。

成三は死体を放置してその場から立ち去ったという。

異変

死体を掘り起こした日から成三の体に異変が現れた。体力が無くなり急速に痩せ衰え歯の色が黒く変色したという。

1月経つと成三は村に現れなくなった。村では成三は死んだとの噂が流れた。泥棒がいなくなったと言って喜ぶ者すらいたようだ。

ところがさらに1月ほど経ったころ、昼食を食べようと集まっていた村人たちの目の前に成三が現れたのだ。成三は今にも倒れそうな様子で「医者を呼んでくれ」と懇願していた。

ほとんどの村人は冷淡な視線を向けるだけだったが、村長はさすがに「見殺しにはできない」と言って成三を自宅に連れ帰った。

体を洗わせてから食事を与えると成三はすぐに体力を回復した。今にも倒れそうな様子であったのが嘘のようであった。

体力を回復した成三は村長の目を盗んで村長の娘に襲い掛かった。たまたま村長に獲物を届けにきた猟師が、成三が娘の服を脱がそうとしているのを発見した。猟師はその場で成三を取り押さえた。

私刑

この知らせを受けた村人たちは成三を半殺しにした。村には盗みの被害に遭っている者が多く、ほとんどの村人は成三を快く思っていなかったのだ。

半殺しとは言っても事実上は殺すつもりであったようだ。村人たちは成三を立ち上がれなくなるほど殴りつけた後に山の草むらの中に放置したのだ。本来なら成三はそのまま死ぬはずであった。

ところが3日後に再び成三が現れた。このときも「医者を呼んでくれ」と懇願していたそうだ。

村人たちは再び成三を殴り倒し、動けなくなった成三を木に縛り付けた。

数日後、成三は息絶えていた。いつ死んだのか正確なところはわからない。

不気味な遺体消失

誰も成三の死体を引き取らなかったため成三の死体は腐り始めた。皮膚は青黒く変色し目は灰色に変わった。

死体が異臭を発するようになったため村人たちは死体を埋めることに決めた。昼間は各自の仕事があるので夜に作業を行うことになった。

作業を行うと決めた日の夜に村の屈強な若者たちが集まった。一同が揃って成三の死体を見に行くと、不思議なことに成三の死体は消えていた。

成三を縛っていた縄を見ると、巨大な力で引きちぎられた跡があった。まるで成三が生き返り自分の力で縄を切って逃げたかのように見えたそうだ。

起き上がり伝説

村には死体の「起き上がり」の伝説があった。村の古老によるとその事件はおよそ80年前に発生したという。

当時その地方で恐れられていた盗賊が何者かに殺された。どういう経緯かはわからないがその盗賊の死体が起き上がり、村人を襲ったというのだ。

その時は村に立ち寄った道士がその「起き上がり」を追い払ったと伝えられていた。

「起き上がり」は伝染すると考えられている。古老は村には80年前の屍毒が残っていて成三に伝染したのではないかと言った。

これを聞いた村人たちは恐怖に震えた。死体が腐る前に火葬しておけばよかったのだが、そのような後悔はもはや何の意味もないのだ。

夜の戸締りを厳重にして、武器になりそうな農具を枕元に置いて寝る生活が始まった。

一家皆殺し事件

数日間は何も起きなかった。村では「起き上がり」を疑う声が囁かれるようになった。その矢先に一家惨殺事件が発生したのだ。

多数の村人が張家の自宅から響いた悲鳴を 聞いて駆けつけて来た。門の前には張家の親類の娘が怯えた様子で立ちすくんでいた。

門の隙間から中をのぞくと、腹を裂かれた動物が梁に吊り下げられていた。内臓が溢れだし血が滴っている。門のすぐ近くで獲物を解体するのは不自然だ。村人は門を開けて中に入った。

それは動物ではなく張家の主の死体だった。肌が黒く変色していたせいで動物の死体に見えたのだ。

張の妻は主人の足元に血まみれの死体となって横たわっていた。3歳の息子は頭部を半分齧られた状態で絶命していた。一家全員が殺されていたのだ。

村人たちは成三の「起き上がり」を確信した。

血気盛んな若者たちは武器を持って成三を探した。しかし成三の姿はどこにも見当たらなかった。夜になっても捜索は続けられた。むしろ寝るのが怖かったのだろう。

壊滅

「起き上がり」は夜行性なのかもしれない。

捜索を続けていた若者たちはついに成三を発見した。成三の体は張家を襲ったときに浴びたと思われる血で染まっていた。目は赤く輝き牙のような歯が剥き出しになっていたという。

この姿を見た若者のほとんどが逃げ出してしまった。残った若者たちは大刀で斬りかかった。刀は成三の体に深く切り込んだ。しかし成三は痛くもかゆくもない様子であった。

成三は自分の体に突き刺さった刀をつかんで振り回した。あまりにも並外れた怪力であったから、刀の柄をつかんでいた若者の体は地面に打ち付けられた。武器が通用しないことが明らかになり、最後まで残った若者たちも全員が逃走した。

翌日から村を逃げ出す者が相次いだ。この選択は結果的には正しかった。

村に残った人たちは次々に殺され「起き上がり」になった。最終的に村に残った者は全員が殺されたのである。

Posted by 編集長 妙佛大爺

シェアボタン

SPONSORED LINK