農村の怖い話:鶏鳴村の猪児鬼

ある農村の怪異

安徽省に鶏鳴村と呼ばれている村がある。これはその鶏鳴村での話である。

鶏鳴村では昔からほとんどの家でブタを飼育していた。

嫁を迎えて間もない李家でも大きなメスブタを飼っていた。結婚の祝いに親類から贈られたブタである。

嫁はそのブタに阿花という名をつけて大層可愛がっていたという。

ある日、嫁は川辺で草を刈り、帰って来た。

その草を阿花に食べさせたところ、しばらくして阿花は死んでしまった。

草の中に毒草が混じっていたのだ。

次の日の夜、嫁は裏庭の方からブタの鳴き声が聞こえてくることに気がついた。

その鳴き声は阿花の鳴き声に似ていた。

嫁は起き上がって外に出た。しかし裏庭には阿花の姿はなかった。そして鳴き声も止んでいたのである。

次の日の夜、再び裏庭の方からブタの鳴き声が聞こえてきた。

もう一度確かめてみようと思った嫁が起き上がると、夫は「阿花はもう死んだんだ。あれは阿花の幽霊だ」と言って引き留めた。

夫の言葉を聞いて嫁は確かにあの声は幽霊の仕業だと気がついた。

それと同時に恐ろしい話を思い出したのである。

猪児鬼

村には昔から猪児鬼という幽霊の話が伝わっていた。

ブタが中毒死すると猪児鬼という幽霊となって村に現れ、その村にブタの疫病を流行させるという話だ。

その言い伝えは本当だった。

しばらくすると村のブタが次々に病気に罹り、死に始めたのである。

言い伝えによると猪児鬼はブタの姿をした幽霊なのだが、その姿を見た村人はいなかった。

しかし突然流行り出したブタの伝染病は、間違いなく猪児鬼の祟りだと考えられた。

仙婆(シャーマン)に訊ねると、やはり村には猪児鬼がいるという。

猪児鬼は雄鶏を恐れると言われていた。その言い伝え通り雄鶏がいる家のブタは無事だった。

仙婆の話を聞いた村人は先を争うようにして雄鶏を飼い始めた。

すると不思議なことにブタの疫病は収まったそうだ。

それ以来、その村は鶏鳴村と呼ばれるようになったそうだ。

中国の農村には事故や病気で死んだ家畜、家禽は鬼になって祟るという言い伝えが少なくない。

霊魂は人間だけではなく動物にも存在するのだろう。

Posted by 編集長 妙佛大爺

シェアボタン

SPONSORED LINK