狗骨鎮の赤鬼虫

転院してきた医師

これは安徽省の小さな病院に勤務する内科医Zの体験談である。

中国の病院では主任医師と呼ばれるようになると、その分野の第一人者とみなされる。例えば外科の主任医師は日本の外科部長に相当するレベルの医師なのだ。

Z医師が内科の主任医師に就任した直後のことである。

Zの恩師であるL医師が転院してきた。L医師は末期の肺がんであった。余命は半年。このことはL自身にもわかっていた。

そのL医師がわざわざ希望してZが務めている小さな病院に転院してきたのだ。

Zが務めている病院には腫瘍科(がんの専門治療を行う部門)はなく、がん患者は内科が受け持っていた。

だからZ医師が恩師であるL医師の担当医となったのだ。どうやらL医師はそうなることを知っていて転院を希望したらしい。

医師の告白

LはZと再会した日に、二人だけで話したいと切り出した。

恩師の願いである。ZはLを自室に案内した。

肺がんの末期ではあったが、Lはしっかりとした足取りでZの部屋に移動した。

二人だけになったとき、Lは文革時代の古い話を始めた。

毛沢東は高等教育を受けた若者たちに、地方に行って農民たちからの「再教育」を受けるよう事実上強制した。

Lは雲南省西部の山岳地帯にある狗骨鎮という村に行くことになった。

比較的恵まれた環境で育ったLは、熱烈な毛沢東信者ではなかった。内心では農村に行きたくはなかったが、当時の状況下ではやむを得なかったのだ。

狗骨鎮は山深い村であった。隣村との往復にほぼ1日かかるくらいの孤立した土地だったという。

電気はなく、土地の言葉はわかりづらかった。

奇病

Lにとって何よりも耐え難かったのは、狗骨鎮に不気味な風土病が蔓延していたことだ。

その病気に罹ると徐々に衰弱し、寝たきりになってしまう。そうなると、ひと月も経たないうちに死亡するのだ。

このような経過を辿る病気は少なくない。

しかし狗骨鎮の患者には見たこともない奇妙な特徴があった。腹部の皮膚が黒く変色するのだ。だから狗骨鎮ではその病気を黒変風と呼んでいた。

人口が300人ほどの狗骨鎮に、黒変風の患者が数十名もいた。

村人の話によると、黒変風は数十年に一度の割合で流行するのだという。

Lは医師の本能に駆られて、黒変風の原因に強い興味を抱いた。

外科医

狗骨鎮にはLよりも先に北京から来た外科医がいた。年齢が近く同業ということもあって、Lと外科医はすぐに意気投合した。

医師は同じような興味を持つものらしい。その外科医も狗骨鎮に来た直後から黒変風の正体を確かめたいと考えていたという。

お互いに共通の疑問をもっているとわかったLと外科医は、ある晩、大胆な行動に出た。

黒変風で病死した青年の遺体を墓から掘り出したのだ。

外科医はよく研いだ中華包丁を使って、黒く変色した腹部を解剖した。

遺体の肝臓を切開した外科医は驚きのあまり体を硬直させた。そこには無数の真っ赤な線虫が蠢いていたからだ。

遺体の肝臓はまるでスカスカのスポンジのように食い荒らされていた。

黒変風は寄生虫感染症だったのだ。初めて目にしたその寄生虫をふたりは赤鬼虫と名付けた。

感染経路は不明であるが、Lは食べ物を通じて感染するのだろうと推測した。それが医学の常識だからだ。

Lも外科医も加熱したものだけを口にしていたので安心していたが、それが油断であることはひと月もしないうちに明らかになった。

外科医が突然黒変風を発症し、1週間後に死亡してしまったのだ。

現地の住民はこの寄生虫に対して何らかの抵抗性を獲得しているらしく、発症してもすぐには死亡しない。しかしよそ者には抵抗力がないらしく、発症すればすぐに命を奪われてしまうのだ。

道士

狗骨鎮の住民にはLが医師であることは知られていた。

医師にはあるまじきことであるが、Lは黒変風の患者との接触を恐れた。患者に接することで自分自身が感染することを危惧したからだ。

不思議なことに黒変風の患者がLに治療を頼むことはなかった。医薬品も設備もない状況では、治療を依頼されたところで何もできない。

村の住民たちはそのことを理解しているのだろう。

Lはそう考えていたそうだ。しかしそれは誤解であった。

狗骨鎮での生活がちょうど1年を経過したころに、Lは現地の住民から思いがけない情報を耳にした。

発症すれば必ず死亡すると思っていた黒変風を治せる人物がいるというのだ。

それは老道と崇められている道士であった。老道とは優れた法力をもつ道士の敬称である。

村全体を見下ろす位置に古い神廟があった。

老道はその神廟の敷地の中にひとりで住んでいた。風貌から判断すると、六十代後半の老人である。

Lはこの話を信じなかった。しかしその数日後に死にかけていた4人の患者が老道の治療によって回復したことを知ったのだ。

中国の医学界では、ある種の漢方薬がマラリアの治療に有効であることが知られていた。それと同じように赤鬼虫を死滅させる何らかの漢方薬があるのかもしれない。

医師としての好奇心を抑えられなくなったLは、老道のいる神廟を訪ねた。

老道は黒変風を治す方法があることは認めたが、どのようにして治療するのかという質問には答えなかった。

老道は黒変風を治療するのに法外な対価を要求するという話であった。飯のタネである治療法の秘密を簡単に打ち明けるはずはないのだ。

消毒用アルコール

当初は村に馴染めなかったLにも同年代の友人ができた。その中に村の有力者の孫がいた。仮にAとしておこう。Aの一族は共産党の協力者として地元政府から一目置かれていたようだ。

ある日、Lのもとに医薬品一式が届けられた。Lは突然衛生管理の任務を与えられたのだ。Aが地元の政府に手を回した結果だった。

その証拠に、医薬品一式が届いたその日の晩にAが訪ねて来たのだ。

Aは消毒用アルコールで酒盛りをしようと持ち掛けた。単調な日常に飽き飽きしていたLには、その誘いを断る理由はなかった。

ふたりはアルコールが入った500mlの瓶を2本持ち出し、人目につかない村はずれの廃屋に移動した。

そこで蝋燭の明かりを灯し、清水で割ったアルコールを飲み始めたのだ。

つまみもなしにアルコールを飲み続けたので、すぐに酔いが回ってきた。先にAが酔っ払い特有の饒舌な状態に陥った。

Aは急に上着を脱いで蝋燭の明かりに近づいた。

Lは驚愕した。Aの腹部の皮膚が真っ黒に変色していたからだ。しかしそれで終わりではなかった。Aはあまりにも不気味な話を語り出したのだ。

治療法の秘密

Lが狗骨鎮に来る1年程前にAは黒変風に感染していた。

幸いAの家には貯えがあったので、Aの家族は老道に治療を依頼した。5日後の夜に、Aは担架に乗せられて神廟に運ばれた。

薄暗い部屋の中で老道とふたりの男が待っていた。ふたりの男には見覚えがあった。ふだんから神廟の掃除などをしている若者である。

3人の足元には布で口を塞がれ、手足を縛られた少女が横たわっていた。見たことのない少女であった。

老道は黒変風を治すには処女の生き胆を食べるしかないと告げた。縛られている少女は、どこか別の村から連れて来られたのだろう。

Aは薄気味悪くなった。しかしAの家族は全てを承知している様子であった。

ふたりの男が少女の体を押さえつけ、鋭い刃物で腹を裂いた。淡々とした手慣れた手つきであったという。

取り出された胆は、薄暗い部屋の中で黒い塊のようにしか見えなかった。死にたくないという一心でAはその胆を食べた。血と苦みが混じり合った味がしたそうだ。

黒変風に罹って助かった連中は皆人殺しと同じだ。

酔ったAは自嘲気味にそう言ったというのだ。

付記

LはZに黒変風を研究し、薬による治療法を見出すように言い残した。そうしなければ、これから先も治療のために処女の命が奪われ続けるというのだ。

この話をしてからひと月も経たないうちにL医師は死去した。

遺体を検めたZは、自分の予想が的中したことに暗澹たる気持ちになったという。Lの腹部の皮膚はどす黒く変色していたのだ。

Lの死後、Zは雲南省の地図を広げて狗骨鎮という村を探した。しかしいくら探してみても、そのような名の村は見つからなかった。

恐らく正式な地名ではなく現地での呼び名なのだろう。こういうことはよくあるのだ。

もし地図上に狗骨鎮という村を見出したら、Z医師は黒変風の研究を開始しただろうか?

狗骨鎮がどこにあるのかわからない。このことを幸運と考えているとZ医師は正直に告白した。

 

Posted by 編集長 妙佛大爺

シェアボタン

SPONSORED LINK